クラウドワークス

クラウドワークス(ライティング)の使ってみて

1、クラウドワークス(ライティング)とは
ライティングとは、文章を書いて報酬をいただくことです。
指定のテーマから、書きたいものを選んで条件に沿って案件をこなしていきます。
ライティングのサイトはいろいろありますが、その中でも代表的なのがクラウドワークスです。

クラウドワークス(ライティング)の特徴として、とても案件が多いということです。

初心者レベルから上級者レベルまで非常に幅広い案件があります。
自分の実力に合わせて、こなしていければお小遣い以上の収入になるでしょう。

上級者レベルになると、会社員として働いている給料と同等の収入を得ることも可能です。

2、クラウドワークス(ライティング)のメリット
クラウドワークス(ライティング)のメリットは、とにかく知名度が高いということです。どの企業であっても知名度が高いというのは非常に信頼度があります。


ライティングはまだ、一般的ではないかもしれません。
ライティングと聞いて少し戸惑いを感じる方もいるでしょう。
ライティングには興味があるけど、どのサイトを利用するか迷っているという方はやはり知名度が、安心安全なサイトが一番です。

クラウドワークス(ライティング)は、全てのライティングサイトじの中でも1位2位を争うサイトなので、もし興味のある方はまずクラウドワークス(ライティング)から登録して始めるのが良いでしょう。


そして、クラウドワークス(ライティング)の最大の特徴が、パソコンに自信がある中級者から上級者の方に非常にチャンスが多いということです。例えば it 関係の仕事をしていて、ビジネスパートナーが欲しいと思っても仕事が忙しくてなかなか相手を見つけられない方も多いでしょう。


もし自分の仕事内容がクラウドワークス(ライティング)の案件に入っているのならば
そこからビジネスパートナーを探すことが可能です。
実際に、仕事の幅が広がりますし上手くいけば、本業の両立や
クラウドワークス(ライティング)を本業にすることも努力次第で
可能になるでしょう。

3、クラウドワークス(ライティング)のデメリット
クラウドワークス(ライティング)は、幅広い案件が揃っています。
しかし若干、プロフェッショナル向きかもしれません。
本業で it 関係の仕事をしていると、その流れで クラウドワークス(ライティング)を利用できるので強い味方になるのですが、プログラミングの知識などが全くない場合、活躍する場が少ないかもしれません。
タスクなどは早い者勝ちなので、良い案件はすぐに取られてしまいます。


良いタスクがいつ来るのかは分からないので、取られないように
1日中パソコンを見ていなければなりません。

しかし、それはあまり勧めないやり方です。
なぜなら、そこで良い案件をこなしたとしてもプロフェッショナルレベルの案件でない限り非常に見返りが少ないのです。
一日中張り付いて数千円しか収入が得られなかったとなると
他の事をすればよかったとモチベーションが下がってしまいます。
また、案件によっては条件が非常に厳しくせっかく案件をこなしたと思っても 不可になってしまうこともあるので、やはり自分のレベルをわきまえた上で案件をこなさなければならず、そうなると月収が初心者レベルでは1万円から多くて3万円なので、そのようなことも考慮した上で始めるのが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました