自分で作ったロスカットルールを守ることがFX取引には不可欠

FX投資のメリットは、多くの取引業者が口座開設時に、ポイントサイトなどを通じて「キャッシュバックキャンペーン」を行っていることです。
口座開設をして提示された取引回数をこなせば、特典としてキャッシュバックの金額を受け取ることが可能です。


取引回数の基準を低く設定している業者を選べば、取引で大きな失敗をしない限り、最初はプラスにすることができます。
その資金をFX取引に回すことも可能です。
また、FX取引業者は入金や出金の手数料を無料にしていることが多く、入出金を何度してもその分の手数料は必要ありません。


特に少額の金額で取引している人にとっては、たとえ収支がプラスになったとしてもそこまで大きな額ではないため、手数料負担が重荷になります。
もちろん実際の取引ではスプレッドと呼ばれる手数料が必要になりますが、少なくとも日本円の出し入れに関して無料なのはメリットです。
また、1000通貨単位の少ない取引が可能な業者もあるため、FXにありがちなリスクを抑えることも可能です。


FXではレバレッジをかけることで大きな利益を狙うことができますが、逆に大きな損失を被ることもあります。
しかし、少ない通貨単位の取引であれば、リスク軽減のメリットがあります。
もちろん大きな資金の取引をして成功すれば、レバレッジがかかっている分、大きなリターンになります。


一方デメリットとしては、最初のうちは慎重に取引していても、少しずつ大胆になって、予定外の大きな金額を投入してしまう可能性があることです。
リスク管理ができていればいいのですが、取引を重ねる中でそこが曖昧になってくることがあります。
また、取引で利益を積み重ねたとしても、一回の取引でその全てを失ってしまう可能性もあることが、FX投資においては最も注意すべき点です。
私自身も、FXで続けて利益を重ねたことがありますが、急に相場がトレンド転換し、そこから回復せずに結局利益分を全て失ってしまった経験があります。
ロスカットをためらっているうちに、さらに傷口を広げてしまいました。
ロスカット知識の不十分な人が安易にFXに手を出すと、思っている以上の損失を出すリスクがあります。


リスク管理ができない人は、FX取引を行うのは危険です。
資産を失わないためには、損失をどのようにして抑えるかを事前に考え、自分が決めたルールに従って行動することが重要であり、私自身も取引を通じて実感しました。
取引を繰り返していると癖になって、意味なくポジションを持ってしまうこともあります。
そのようなことにならないためには、強い精神力が必要であり、それが求められるのがFXです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました