競馬でお小遣い稼ぎ・メリットVSデメリット

家が競馬場の裏だったので、花見や花火大会など競馬場には親しんできました。大好きな祖父がたまにお忍びで競馬にも連れて行ってくれました。券を買うことは知っていましたが何の目的かは知らず、電車のきっぷみたいなものと思っていました。とにかく、馬が競争するのを見るのが好きであまり意味も分からず祖父や他の大人たちと一緒に熱く応援していたのを覚えています。そして大人になって、当然を競馬をやるようになりました。

ただ、私は本当に趣味の範疇でやっているのでメリットばかりです。行く回数は多いですがかける金額は決めていてそれ以上は絶対にやりません。もちろんもっと賭けたいと思うこともありますが、そこで堪えることには長年のことなので慣れています。たまに、大当たりして儲かることもありますが、そんな時は家族にウナギを振舞ったりして喜ばれています。それも一つのメリットでしょう。とても自分の少ない小遣いの中から家族にウナギをおごろうとなんか思わないので、当然娘や息子たちにまでケチだと思われているわけですが、そんなケチな父親がたまにウナギを大盤振る舞いするわけですから家族内での株も上がることになるわけです。他にもメリットはあります。趣味として生きがいになっていることです。大きなレースが近づくと日常生活がすごく充実してきて「あと2週間だ頑張ろう」、「あと3日だ頑張ろう」とカウントダウンが始まって何にでも一生懸命取り組めたりするのです。それほど賭け事と言うのは気分を上げてくれるものなのです。

反対にデメリットとしては、私の祖父のようにギャンブル依存症的な傾向がある人が競馬を趣味にしてしまった時です。一度万馬券なんかを当ててしまった日にはもう終わりという感じです。儲かったお金をまたかけて当たればいいのですが、大抵はそう上手く行くはずがなく、でも当たった時の高揚感が忘れられずお金がなくても何が何でも賭けたくなってしまい、借金をして馬券を買うようなってしまう。そしてついには日常生活が送れなくなってしまうそういうデメリットが人によってはあるということです。祖父は親戚や友人、知人、会社の同僚あらゆる人から借金をして、挙句の果てには消費者金融にまで手を出して自己破産してしまい祖母とも離婚して今はもう会うこともできません。競馬はお小遣いを稼ぐくらいの目的で出来ない人にはメリットは少ないと思います。趣味で身を滅ぼして家族にも会えなくなるなんて本当に悲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました